関東財務局長(金商) 第3093号 一般社団法人
日本投資顧問業協会 会員番号 第012-02842号

ようこそ! ゲスト様
無料メルマガ登録
ログイン

アレスCEO阿部隆のアベブロ CEO Blog “Abeblo”

大新年会

昨日は某所で1年365日株式投資が大好きな人達数十名での大新年会にお邪魔させていただきました。アレスとして金商登録を受け投資助言業に参入してまだ2ヶ月弱ではありますが、皆さんと有意義な時間を過ごさせて頂き、熱い株談義ができたこと本当に感謝しております。今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

そこで、今年の相場展開についての話題になりましたが、全体相場はあまりいい1年にはならないのではないかという意見が多い中、逆にマネーは個別材料株へ集中しやすいのではとの見方も。私も大発会のアベブロで、『過去30年の日経平均株価の年足で陰線をつけた翌年は必ず陰線になっているというものです。昨年2018年の年足は陰線となっており、データどおりにいくと今年も陰線となる可能性が高いということです。』と記載させていただきましたが、日経平均株価と連動するような大型株はなかなか動きづらい1年ではないかと予想しております。

しかし、いかなる相場でも「チャンス」はあります!特に、大型主力株が低迷する年は個別の材料株やテーマ株に資金が集まることも。マネーは「無くなる」のではなく常に「移動」しています。流出したマネーはまた居心地の良いところを探し求めて「移動」していきます。そのマネーの行き先を素早く分析していくことが大切になってきます。

そして、今まさにそのマネーが流入している可能性が高い「旬」な銘柄たちを少しご紹介いたしましょう。

「7748 ホロン」 (JQ) 1/24終値2,099円
電子ビーム装置のホロン。2/7に19年3月期第3四半期の決算発表ですが、中間決算で経常利益が447百万円と通期予想678百万円に対してすでに65.9%の進捗となっており、上方修正の期待も高まります。テクニカルでは、直近の調整から75日移動平均線をサポートラインに反発しています。昨年末につけた2,848円を目指す展開ですが、抜ければ青天井に突入も。

「6328 荏原実業」 (東証1部) 1/24終値2,271円
九州工業大教授が、肥料の原料として世界中で生産されている水素と窒素の化合物『アンモニア』の新しい合成法を開発で思惑買いが入り、22日に高値2,595円をつけましたが、その後急落と乱高下が大きい動きとなってきました。本日は10%以上の上昇となりましたが、出来高は人気のバロメーターであり、動く株には「理由」があるということ。貸借銘柄でもありますので、空売りが今後増える可能性もあります。1/22高値2,595円を抜けてくると順張り派の投資家に勢いが増し、さらに盛り上がっていきそうです。また、PERも9倍台と割安感も十分であり、今後も目が離せない銘柄になりそうです。

ほかにも色々銘柄はありますが、とにかく短期で利益を上げていきたいのであれば、「強いものに素直につく!」ということが大切です。マネーが流入していない銘柄をいつか、いつかと待つよりも、動きがある銘柄に素直に乗ることです。その一歩を踏み出すことができれば、トレードがもっと楽しいものに変わっていくはずです。そうです、弊社の理念である『夢と安心、そして楽しさを』もっともっとお客様にお届けしたいのです!そして、コンセプトは『会える投資顧問』です。いつもあなたのそばに!今後ともアレスをよろしくお願いいたします。

一覧へ戻る